​理学療法士

理学療法士(Physical Therapist:PT)は国家資格であり、作業療法士、言語聴覚士と共に医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士は、病気やケガなどで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本的動作能力(寝返る、座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する専門職です。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士を一言でいうならば、動きのプロです。寝返る、座る、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。動きの観察と評価の分析結果をもとに、関節可動域の拡大、筋力の強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、歩行練習などの動きそのものに直接介入する治療法まで、能力向上に必要な技術を用います。対象者によっては義肢装具、足底板、車いすなどの各種福祉用具に関する助言も適宜行い、多面的かつ総合的に日常生活の自立を目指します。

又、中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに所属している理学療法士もいます。

理学療法とは?

​​

理学療法とは何を指すのでしょう。「理学療法士及び作業療法士法」という法律の第2条に以下のように定義されています。「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と、示されています。

すなわち、病気や外傷、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、電気、温熱、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法を理学療法と呼んでいます。

 

​理学療法はどこで受けらえるの?

 

理学療法の多くは、病院やクリニックに加え、老人保健施設等の介護保険関連施設で行われています。又、理学療法士が直接自宅へ出向き、住み慣れた家屋内で理学療法を実施する、訪問リハビリというものもあります。
いずれの環境においても、理学療法は医療行為に位置付けられており、医師の指示に基づいて行われます。
 

活動範囲

最近では、医療施設や介護保険関連施設などの枠を超えて、介護予防事業や学校保健分野、健康増進施設、行政機関など高い専門性を活かし活動する範囲が益々拡大しています。

​事務局

〒569-1116 大阪府高槻市白梅町5-7 (愛仁会リハビリテーション病院内)

 

お電話

電話番号:072-683-1212

  • Facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now